話題沸騰!車買取 事故歴と修復歴だそうな

古いユーズドカー売却を頼んだケースでは、一番初めに見積もりを受けることとなります。その鑑定は買取専門ショップの査定士行うわけですが、ユースドカー市場の相場などから算出されることとなります。

大体、中古のクルマとして売られている値段の2~3割位が買取の金額と言われていますが、好評なクルマであったり、希少価値のある車などの場合には高い見積額が付くといったケースもあるみたいです。それと、年式は新しい方が高額となります。一方、こうした買取り価格は愛車が万全な状態のときであって、パーフェクトじゃないときは低く査定されます。特に事故車は買取額にとても響いてきます。

修復歴といっても定義が微妙ですが、とりあえず自動車の骨組みであるフレームにまで駄目になっているような事故を起こしてしまった車両は事故車という事になります。そうした修復歴のあるくるまは将来的に何か悪い影響が出るかもしれないという危なさがあるので、見積もりについては短所になるのです。とはいえ、フレームにまで影響が及ばず、外見を手直ししたくらいなら問題ないのですが、ですが修理歴が付いてしまいます。

もちろん修理歴がついてしまう訳なので負の被害はあるものですが、事故車よりも低い査定となることはないでしょう。そのほか、エンジンなどにアクシデントが起こっているときもマイナスに査定されますし、通常の点検整備の状態がプライスに影響されます。

その辺りは我々には見分けはつかないのですが、値踏みを行っている買取専門ショップの方ではきちんと状況を見てくるでしょう。

どっちにしても修復歴としては無いことが自動車買取の値段を上げられるかどうかの分かれ目となってきます。