話題沸騰!中古車売却と残債のこと

愛車買い取りのお店に見積もり査定を依頼したはいいけど、残債を払いきっていないこともあり得ますよね。こうした時には、売ろうとしているマイカーの所有が貴方自身なのか別の方であるかについて第一に確認しておく必要があります。

本当のところ、所有者についてどの部分を確認すると良いのかというと、車検証に記載されている名前の方がくるまの所有権者となるのです。

車を買う時点で銀行等が提供する割賦払いを設定された時には、この「車検証」に記載されている名前がご自身のお名前になってるはずですが、自動車ローンを設定したのがクレジット会社などのケースでは名前がその会社の名前になるはずです。信販会社で分割払いを組む場合どういう理由でこんな形でその会社を所有者として記載しているかと言えば、その答えとしては月賦が滞納したりしたら、直ちにクルマを差し押さえして確保できるようにするためです。

こうした訳で所有名義がローン会社にあるケースではそちらのくるまを自分の好きに売ることは不可能です。とにかく売却したいなら返済を残らず終了させるか支払いローンの設定し直しをすることでオーナーをご自身の氏名に変更した上で売却する必要があります。しかし、実際問題そんなことが可能なのが今現在持っている資産がいっぱいある時に限定されます。だったら資産が無い方はどんな方法を取るのがよろしいのでしょうか。

こんな場合は、査定を行ってくれたマイカー買取専業店に相談すれば、自動車の売値から残債分をキレイにし、所有者のところを貴方自身の氏名に直して頂くことができるというワケです。手続きに関しても全てにおいて買い取り専門店にオマカセ可能ですから問題ないです。