日本自動車査定協会の取組だそうな

古くなった車の下取りや買取の際には、まずは査定をしてもらうかと思います。査定イコール、売り手側から買い取りや下取りする時にきっちりした審査をするための工程であり、そのためには多くの人から容認され、加えて了解された手順をしないといけません。ただし、お客様側からしたら、見積がどんな具合におこなわれてるのか具体的に知らなかったり、しっかりした手順で調査されているのかはどうしても認識することが難しいものです。とはいえ、見積の方は中古車の値打ちを決断する決め手となる方法ですので、方法や考えに種々のものがあれば世間がパニックとなる一因にもなってしまいます。

そういったパニック状態を起こさないためにも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関があり、中古自動車査定制度を設けているのです。

日本自動車査定協会というのは、適切な見積が行われるように動いている機関のことで、私たちが不安なく車を審査に出すことができ、しかも満足のいく制度作りの取り組みをしています。

中身としては、例えばちゃんとした査定士を増加させるためのテストをおこなっており、査定協会が行っている学科さらには技能研修を受け、そして査定士技能検定試験にクリアすることである一定の技能を持つ査定士としての資格が受け取れます。さらに査定士として活動するためには協会への登録が必須となり、きちんとした知識や義務でもって消費者のくるまの鑑定をおこないます。要するにきちんとした見積のための資格を保持している人間が評価を実施しますので、ユーザーも悩まずに買い取りや下取りに車を出すことが出来るというわけです。