新しくする前のくるま

新しくする前のくるまは車検期間もさほど残ってなく、古いくるまだったので、買取で値段が付くとは想定していませんでした。
そこで、今回クルマを購入したショップにタダで譲渡することになってしまったのですが、

その引き取って頂いたクルマがその後、相当な高い値段で販売されていたのです。
そういうことなら買取店を当たって鑑定をお願いし、買い取りの際の価格を確かめておけば良かったのにと現在では悔しく思うばかりです。

親達と共に住向ことになったので一人身の頃から乗ってたクルマに代わってもっと大型のクルマにリニューアルしました。
それは問題ないのですが、日頃良くしてもらっているディーラーに下取り依頼したのですが買い換えが初めてで調子に乗っていたせいもあり、「値引き出来ない分、下取りのほうを高くしました」と言われ、その金額でカンタンにOKしました。
後になって、同期の仲間に「そこまで安いワケないだろ」と言われ、買取りショップの評価額だけで持とっておくべきだったなとのちのち後悔したわけです。

転勤で車が不要ということでクルマを買取に出す際のフローというと、一斉審査をつかってて、高額で買ってくれる買取ショップを選び、実際の審査に来て頂くというのが通常のパターンだと言えるはずです。
一括審査はどんな人がやっても似たような結果になりますが、後者は現実に人対人の交渉、要は、交渉によっては売値を高くできる可能性があるのです。
もうちょっと自由がきくという方は、別の業者にも現物見積に来て頂いて、それに沿って値段交渉しても良いかもしれません。