改めて車売却とオークションの感想、所感

今迄お乗りの車を売却する手立ては、ちょっと前までは新車販売店での下取りと、中古車販売店への譲渡がポピュラーでした。新車を購入する新車販売店に下取りしてもらって、欲しい車をゲットする方がこれまでは多かったようですが、ここ1~2年そういった方法を検討する人はあまりいません。下取ですと、どちらかというとお得じゃないことが広く知られてしまったことと、オークションに参加するという目新しい方法が浸透し始めたからです。

ユースドカーだけのAuctionがあり、中古車専門店や他のディーラーもそちらで売ったり買ったりしている訳です。普通の人入ることがムリですが、代行してくれるお店を使うことで、通常の場合でも自分の車をAuctionで売る手続きが不可能ではなくなりました。そして、もう片方の方法の中古車専門店に対する譲渡では、まずは愛車を見積してもらい、期待通りの希望通りの売却額を示してもらえたなら売買契約成立です。

ユーズドカーを専門としているお店は、買い取った古い車をオーバーホールして店頭で商品にしたり、競売に出品してみたりなどします。どの方式を選ぶかは人それぞれですが、どういったことを目指しているかによってベストな選択は変わってきます。もう兎に角ちょっとでも高い金額で売りたい、ってことであれば、競売代行の業者に依頼するのが最高に高価で引き渡しできるのではないかと思います。なのですが心配することなく売却したい、信用に足る買取店に買取してもらい、愛着をもって乗りこなしてくれる方に販売してほしいということであれば、下取に出すかユースドカー専門業者の方が安心できるでしょう。

代行の専門店に頼んだとしたら、売れるまで保管料を払わなければならないため、売るのに時間が必要な状態ならその分大変になる危険性をはらんでいます。中古車販売店なら次のユーザーが出現する前にお金を手に入れることが出来るメリットがあります。