例の「ローン中の車売却」について調べてみた

お車買取り業者に審査を頼んだものの、ローンが払いきっていないという事もあるのではないでしょうか。こうした際には、買取りしてほしい車の所有者がご本人であるのか誰か別な方なのかどうかについて取りあえずチェックしておくことが必要です。

本当のところ、所有者が誰かについてどれを見るといいのかと言えば、「車検証」に書かれているお名前の人がマイカーの持ち主となるのです。

マイカーを買った時点で銀行が提供している自動車ローンを設定した場合は、この自動車検査証に記載されているお名前がご自身のお名前になっているのですが、分割払いを設定されたのが信販会社であったケースでは氏名がローン会社の記載になっています。クレジット会社でローンを組む場合になぜこのようにその会社を所有権者として登録してるのかと言えば、回答としては返済が滞納された場合に、すぐに愛車を担保として確保することを考えている為です。

このような理由から所有名義がクレジット会社にある際はその車を自分勝手に売り払う事は出来ないのです。それであっても売り払いたいならローンをすべて終了させるか分割払いの設定し直しをすることで所有権を貴方の名前に変えた上で手放す必要があります。とはいえ現実問題こんな事が出来るのはその時の手持ちの現金がとても多い場合に限られてしまいます。であるならば、資金が不足しているケースではどうすることが望ましいでしょう。

こういった時には評定を行って下さった車買取り業者に相談すれば、クルマの売却額から残債の支払いの分を返済し、所有者をご本人のお名前に直して頂くことが出来ます。手続きの方も全部買い取りのお店に任せられるので大丈夫です。