使用済みの車の見たてについては割賦終了前であったとしてもOK?見ていきましょう

マイカーの買取店に品さだめを頼んだものの、分割金を残したままであるなんてこともあるかもしれません。そのようなケースだと、売り払いたい使用した自動車の持ち主がご本人であるのか別な方なのかどうかについてとにもかくにも見ておく事が必須です。

本当のところ、オーナーが誰なのかはどこを見ると分かるのかと言えば、車検証に記載されている名前がその使用した車の名義の方となるワケです。

今の愛車を入手した時点で銀行などの自動車ローンを組まれた場合は、この「自動車検査証」に記載されているお名前が自分のお名前となっていると思うのですが、その割賦払いを設定されたのが信販会社であった場合だと名前がその信販会社の名前となっています。クレジット会社で分割払いを組む場合どういう理由でこういった形で信販会社をオーナーとして登録しているのかと言いますと、それは月賦がストップしても、すぐにおくるまを差し押さえて確保できるようにするためです。

そんな事情で所有名義がローン会社にある場合はそちらのおクルマを自分勝手に売る事は無理なことです。どうあれ売却したいのであれば残債を完全に返済するか割賦契約の組み替えをすることで所有権者を自分の名前に変更した後で手続きする必要があります。ですが、実際そんなことが可能なのがその時の持っている現金がいっぱいあるケースに限られてしまいます。それじゃあ資産があまりないケースではどういった方法を取るのが望ましいでしょう。

そうした時には格づけをやって頂いた使用ずみの車買い取りのお店にご相談いただけると、使った自動車の買値から残りの支払い分を賄い、所有者のところを自分自身の名前に直して頂くことが出来るという訳です。手続きに関しても完全に買い取り専門店にオマカセ可能なので心配いりません。