使用ずみの自動車の品さだめは割賦終了前だったケースでも大丈夫?理解しておきましょう

使った自動車の買い取り専門店に査定をしてもらったのはいいけれど、分割金を完済していない事もあるのではないでしょうか。このような時には、その売却希望の使用ずみの自動車の名義があなた自身なのか別な人であるかについてまず確認する事が必要です

実際のところ、名義に関してはどれを見たら分かるかというと、自動車検査証に記入された名前が使用していた車のオーナーとなるのです。

今の車を購入した時に銀行等が提供する分割払いを設定されたのであれば、こちらの自動車検査証に載っている名前がご自分のお名前となっているのですが、その割賦払いを設定されたのがクレジット会社だった場合ですと氏名がローン会社の名前となっています。クレジット会社で分割払いを組む場合なぜこのように信販会社を所有者として記載するのかというと、回答としては毎月の支払いが止まった場合、直ちにそのおクルマを担保という形で確保することを考えている為です。

こういった理由によって所有名義がローン会社にある時にはその愛車を好きなように売却することは不可能です。どうあっても売却したいのであれば先にローンを全部返済するか分割払いの設定し直しをすることで所有権者を貴方の氏名に変えた後で売り払うことが求められます。そうはいっても現実にこんな事が出来るのはその時点で手持ちのお金が豊富にある時に限られてしまいます。であるならば、資金があまりない時はどういった方法を取るのが望ましいでしょう。

そうしたケースでは格付けを行ってくれた使っていた自動車買い取り専門店に相談すれば、使用済みの自動車の売却額から残った返済分を完済させ、所有者の欄をご自分の氏名に変更していただくことが出来ます。手続きも全部買取り業者に任せられるので心配いりません。