使用していた自動車の見立てというのは割賦払いの完済前の場合でもいいの?ここで確認していきましょう

不要車の買取店に値踏みをしてもらったのはいいけれど、支払いを残したままであるなんてケースもある筈です。そのような場合は、その買取りしてほしい中古自動車の持ち主が自分自身なのか他の人であるかについて始めに確認する事が必須です。

実際のところ、名義についてはどこを見ていけば良いのかというと、自動車検査証に記入されたお名前の人がその使用していた自動車の名義の人となる訳です。

愛車を買ったタイミングで銀行系の割賦払いを組まれたケースでは、この「自動車検査証」に記載のある氏名がアナタの名前になっているのですが、割賦払いを設定されたのが信販系の会社であった際ですと名前がその信販会社の名前になっている訳です。クレジット会社でローンを組む場合になぜこのような形でその会社をオーナーとして登録してるのかと言えば、その答えとしては返済が滞納したりしたら、スグに自動車を担保という形で確保することを考えているからです。

そうした事情により所有名義がローン会社となっているケースではその愛車を勝手に売る事はできません。どうあっても手放したいなら残債を全て終わりにするか月賦の設定し直しをすることで所有者をアナタの名前に変えてから売却することが必要です。そうとはいえ実際問題そうした手続きができるのは現在手持ちのお金がとても多いケースになってしまいます。では資金が足りないならどんなやり方をするのが望ましいでしょう。

そのような場合は、格づけをおこなっていただいた使用していた車買い取り専門店に話してもらえると、使用した自動車の買取価格から残った支払い分をまかない、名義を自分の姓名にチェンジしてもらうことが可能です。手続きについても全てにおいて買取ショップにオマカセ可能なので問題ありません。