使っていた自動車の引き上げについてはお支払いが終了前だった場合でもOK?コチラを確認しましょう

使った車の買い取り専門店に品定めを依頼したものの、割賦払いを残したままであるといったこともあるでしょう。そうした事情では、売却予定の使用していた自動車の所有者があなた自身なのか別の人であるのかどうか先に把握しておく事が肝心です

ホントのところ、持ち主についてはどの部分を見たら分かるのかと言えば、「自動車検査証」に記載されている名前がそのユースドカーの権利者となるワケです。

マイカーを購入した時点で銀行が提供しているローン支払いを設定された場合は、この車検証に記載されているお名前があなたのお名前となっている訳ですが、その割賦払いを契約したのがクレジット系の会社だった場合は名前がその信販会社の記載になっています。クレジット会社で分割払いを組む場合どういう理由でこんな風に信販会社を持ち主として記載しているかと言えば、その理由としては月賦が止まったときに、ただちにおくるまを差し押さえて確保することを考えているからです。

そういった事情により所有名義がクレジット会社となっているケースではそちらの所有車を自分の好きに売ることは出来ません。それであっても売りたいなら先ずは支払いをすべて完済するか割賦契約の組み換えによって名義人をご本人に変えた後で売り払う必要があります。そうとはいえ実際にこういった手続きができるのは現在手持ちの資金が余りあるケースに限られます。それじゃあ資金が無い人はどんな方法を取るのが望ましいでしょう。

そんな際は見立てを行って頂いた使った車買取店に相談すれば、使っていた車の買取価格から残債の支払いの分をまかない、名義をご自身のお名前に変えていただくことが可能です。手続きも全てにおいて買取ショップに任せることが可能なので心配ないです。