まさかの日本自動車査定協会という機関のことを考えてみた

クルマの下取や買取の時には、なにはともあれ査定をさせて頂きます。査定とは、お客さんから買い取りや下取りする時にきっちりした評定を下すための処置であり、その為にはいろいろな方から認識され、尚且つ承諾された仕方じゃないと良くありません。とは言っても、消費者側から見るのであれば、値踏みがどんな具合に行われているのかはっきりとは確認できてなかったり、適正な進め方で行われてるかどうかはなかなか確認することができなかったりもするものです。しかしながら見積の方はマイカーの額面を確定させるめちゃくちゃ重要な工程なので、考えや方法に様々なものがあると社会の混乱の要因にもなってしまうわけです。

このような混乱を発生させない為にも「日本自動車査定協会」と呼ばれる機関が設立され、中古自動車査定制度を打ち立てているのです。

「日本自動車査定協会」は、適切な値踏みが行き渡るように務めている機関のことで、我々が安堵して鑑定に出すことができ、そして喜べるような制度作りの動きをしています。

分かりやすい中身としては、例えばしっかりした査定士を増加させるための試験を実行しており、査定協会が実施する学科や実技の研修を受けてもらい、それから査定士技能検定試験という試験に合格することで一定のスキルを持つ査定士としての資格が与えてもらえます。そして査定士として働く為には教会へ登録することが必要となり、まっとうな基礎的なものや責務をもってユーザーのクルマの評価をしていきます。言い換えると適正な査定のための資格を有している方が評定を実施しますので、客側も悩まずに買い取りまたは下取に持っていくことが出来るわけなのです。