ほら、車売却と必要書類について調べてみた

車を売る際における方法は買取りや下取りといった手続きが存在します。下取りに関しては、新しい中古車を購入したタイミングで、これまで乗っていた車を引き受けていただくものです。そのくるまがドライブが可能な中古車だったとしたらプライスがつくのですが、あまりにも古すぎる時だと廃車にする費用を要求されることさえあり得ます。

下取は専門のお店が引受けするという事じゃないので、高価買取は難しいと思いますが、次のくるまと取り替えるような形で乗り換えを可能という良い点があります。一方買取はというと、専門でおこなっている中古車買い取りの専業店にお願いして買取って頂くといったものです。そのタイミングが分かりづらいといったよくない点もあるわけですが、買取されたマイカーは中古車として市場に出回ることが元々大前提ですから、比較的高プライスでの買い取りが期待できるはずです。

下取、買取どちらであっても売り払うさいにはいろいろと書類をあらかじめ用意しておくことが必要となるでしょう。どういうものかというと、車検証の原本と自動車税納税証明書、リサイクル券、自賠責保険証となります。そのほか実印や印鑑証明書、住民票なども必要です。

引受けの時は委任状や譲渡証明書も必要となりますが、そのあたりはお店の方にて準備してくれます。引受けを望んでいるコチラ側としては、自動車検査証、自動車税の納税証明書、自賠責保険証、リサイクル券、住民票と実印更に印鑑証明を用意しておきましょう。鑑定の時もこれらをチェックされるので、失くしたケースだと再発行することが必要でしょう。

万が一失くしたケースでも鑑定だけを受けることはできるのですが、すぐに買取りは出来ないため見積額に良くない影響が出ることになります。