どういうこと?車査定と「修復歴」だそうな

古くなった中古車引取りをお願いしたケースだと、一番最初に値踏みを受ける事となります。その時の見積もりは買い取り専門店の査定士おこなう訳ですが、クルママーケットの価格などから値段が出されるものとなります。

通常、古いくるまとして販売されているプライスの2、3割程度が買取の金額と言われていますが、定評のある車種だったり、希少価値のある車である際には高値が付くといった場合もあるでしょう。また、年式が新しいほど高くなります。ただし、これらの見積金額はマイカーが万全な状態であり、そうではないときには低い査定となります。特に修復の跡はプライスに相当響いてきます。

事故歴というのも定義が曖昧ですが、とりあえずお車の骨格であるフレームの方にまで駄目になっているようなアクシデントを経験してしまったくるまはこれに当てはまります。そうした修復歴のあるクルマはその後なんらかの負の影響出るかもしれないというリスクがあるので、見積もりに於いてはマイナスとなるのです。とはいえ、フレームの方には影響がなく、外装を手直しした位だったら無問題ですが、それでも事故歴は付きます。

勿論、修理歴が付くわけですから良くない被害はあるのですが、事故車に比べ査定が低くなることは考えられません。その他、エンジンやギアなどに問題が発生している際にもマイナスとして審査されますし、いつもの点検整備の状況が見積金額に関係してきます。

そのあたりは我々には分からない部分ですが、鑑定をおこなう買取ショップはシッカリとその辺りも見てきます。

どちらの場合でも修理歴としては無いという事が古いくるまの見積が上昇できるかどうかの条件となります。