どういうこと?車売却とリサイクル料のいろいろ

お車を売るさいの手順としては買い取り、そして下取りの2つがあります。下取のケースというのはおニューのくるまを手に入れる時、古い愛車を買取して貰うというものです。大概新車販売会社が引き取りを行うため買取金額としてはわりと低くなる場合が多いです。

一方で買い取りのケースは車買取専業店が行っているもので、中古の車として店頭に陳列することを予定に引き受け金額を決定するので、わりと高値での引取りが期待できるでしょう。どちらにしてもお車を引き受けてもらうことであり、、売却する前に引き受け金額を決定するための審査が行われます。

査定をして頂くさいに気になるのはリサイクル料です。中古車値踏みで示される金額というのはユーズドカーそれ自体のプライス、くるまに附随するリサイクル料や自賠責保険などを含めたプライスの2種類がありますございます。「リサイクル料」は愛車を入手した際、又は「リサイクル料」が未払いの場合には車検を受けた場合に支払われるもので、のちに自家用車を廃車にして壊してしまう時必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などなどリサイクルする時の料金という名目で使われます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けておくこととなり、解体処分するケースで自動車リサイクルシステムから支払われることとなります。

コストは、軽なら8000円くらい、国産車だと10000円くらい、外国の車とかで15000円程、そのほかで2万円位を納める必要性があったりもします。大半のお車引き受けであれば、こういったリサイクルの代金を車の引き取りプライスとは別ということで引き取られる事となる訳ですが、リサイクル料を含めて評定値段となっている場合も有り、買取を依頼するケースでまずは確認しておくことが大切です。