どういうこと?ローンが残っている車の売却に関して

中古車買取ショップに評定をしてもらったものの、支払いを払いきっていない事もあるかもしれません。そんな時は、売りたい自動車の所有者が貴方自身なのかそれ以外の人であるのかを取りあえずチェックすることが必要となります。

本当のところ、所有者についてどこを確認したら分かるのかと言えば、車検証に記載のある名前が自動車の権利者となります。

車を買った際に銀行が提供しているローンを組まれたケースでは、こちらの「車検証」に記載されている氏名がご自分の氏名になっていますが、自動車ローンを組んだのがクレジット系の会社である時には名前がローン会社の名前となっています。信販会社で割賦契約を組む場合なぜこんな風にその会社を所有者として記載するのかというと、その理由は毎月の支払いが滞った時に、ただちにくるまを差し押さえして確保することを考えているからです。

このような理由によって所有名義がローン会社にあるケースではそのくるまを好き勝手に売ることは不可能です。それでも売り払いたいならとりあえずローンを全部完済するかローンの設定し直しをすることで所有権者をあなたの名前に変えた後で売ることが必要です。とはいっても実際にこうした事が出来るのはその時の持っている現金が沢山ある場合に限定されます。じゃあ資金があまりないのであればどうすることがよろしいのでしょうか。

こうした時には審査を行ってくれた愛車買取店にご相談いただけると、クルマの買値から残った支払い分を完済させ、所有者をアナタのお名前に変更してもらうことができるという訳です。手続きについても全てにおいて買取ショップに任せることが可能なので問題ないです。