ついにきた、中古車買取とリサイクル料とのことだけどどうなんでしょう

所有車を処分する際の仕方というと下取と買取の2つが一般的です。下取りの場合というのは次の所有車を入手する際に今までのクルマを買受して頂くというものです。たいていは新車の取扱店が買取りをすることになるので価格の方はわりと低めになる場合が多いです。

一方で買取りのほうは中古車買い取り専門ショップが行っているもので、ユーズドカーという名目で販売する事を予定して引き受けの額を決めるので、やや高額な引き取りが望めるでしょう。何れにしても愛車を売る事であり、売る前に引き取り金額を決定するための値踏みがされることとなります。

値踏みをおこなうケースで気になるのがリサイクル料です。自家用車査定で出してもらう価格としてはその所有車本体の額、中古車に付いてくる自賠責保険とかリサイクル料等を入れた価格の2つの種類があります。「リサイクル料」は自動車を入手した場合、もしくはリサイクル料が払われてなかった場合には車検のさいに支払いとなるもので、将来、車を廃車にして解体する場合に必要になるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどリサイクルする際のコストということで使用されます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、処分する場合JARSから払われることとなります。

コストは大体、軽だと8000円くらい、国産車であれば1万円くらい、輸入車等だと1.5万円ほど、それ以外で20000円ほどを入れる必要性がございます。大抵のユースドカー買い取りの場合、こうしたリサイクル料をユースドカーの引き受け金額とは別として買取されるということになるのですが、リサイクル料をいれて引取り額となってるケースもあり、買い取りを希望する時には確認しておくのが大事なこととなります。