これは・・・買取や下取り「リサイクル料」について

自家用車を売却するときの段取りというと買取と下取りのどちらかが存在します。下取の場合というのは次の所有車をゲットすると同時にこれまでの自家用車を買取していただくというものです。大体販売会社が引受けを行うため買取金額はどっちかといえば低価格になる場合が多いです。

もう一方の買取りのケースは古い車の買取専門ショップがやっているもので、中古の車として店頭に出すことを予定に引受値段を決定するため、どちらかといえば高額な引き取りが期待できます。いずれにしてもくるまを引き受けてもらうことであり、、売り払う前に引き取り金額を決定するための査定が行われます。

鑑定をして貰うとして気に掛かるのがリサイクル料です。ユースドカー見積もりで示される価格というのは自家用車そのものの額、自家用車に付いてくる自賠責保険やリサイクル料等含めた額の2つの種類が存在します。「リサイクル料」は愛車を買った場合、もしくは「リサイクル料」が払われてなかったケースでは車検を通した場合支払いになりますので、将来的にくるまを廃車にして壊してしまうさいに必要なエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダストなどをリサイクルする為の料金ということで使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることになり、解体する時JARSから払われるということとなります。

コストはだいたい、軽なら8000円ほど、国産車の場合は10000円ほど、外国製自動車とかで1万5千円くらい、それとは別に2万円位を納める必要がございます。大半の自家用車引受けであれば、こうした「リサイクル料」をユースドカーの引受け額とは他として引き受けされるという事となるんですが、リサイクル代金を含めて引き取り値段だというケースも有り、買取りを頼むさいにはまえもって確認しておくということが大切な事となります。