これは・・・中古車売却と残債について

くるま買取ショップに鑑定をオーダーしたはいいけどローンを払いきれていないということもあり得ますよね。そういったケースでは、売却しようとする自動車の所有権がアナタ自身なのか別な方なのかどうか何はともあれチェックする必要があります。

本当のところ、持ち主については何を見ればわかるのかといいますと、「自動車検査証」に記載されている氏名の方がお車の持ち主ということになります。

自動車を買う際に銀行系の割賦払いを組まれたケースでは、この「車検証」に載っているお名前が自分のお名前となっているのですが、分割払いを設定されたのが信販系の会社などのケースでは名前がその信販会社の記載となっています。クレジット会社で割賦契約を組む場合どういう理由でこのような形で信販会社をオーナーとして記載しているかと言えば、その答えとしては毎月の支払いが滞ったりしたら、すぐにクルマを差し押さえて確保することを考えているからです。

そういった事情から所有権がクレジット会社にある場合はそのクルマを好き勝手に売る事はできないのです。どうあっても売ってしまいたいならまずは返済を残らず完済するか分割払いの設定し直しをすることで所有者をご本人に変更した後で手放すことが必要です。さりとて実際問題そんなことができるのは現在持っている資金がとても多いケースに限られます。だとしたら現金がないのであればどういった方法を取るのがいいのでしょうか。

そうした場合は、査定をやってもらったくるま買い取りのお店に相談すると、クルマの売却の金額から残った返済分を完済させ、所有者の部分をご自身のお名前に変えてもらうことが出来ます。手続きについても全部買取ショップにオマカセ可能ですから心配いりません。