これが車査定と修復歴

古くなった中古車売り渡しを依頼した際には、まずは見積もりを受けることとなります。見積もりの方は買取り業者の担当者がすることとなり、中古車市場の相場等から値段がはじき出されることとなります。

一般的に古いくるまということで売り出されている金額の2~3割程が売却価格となっていますが、人気車であったり、珍しい車種であるなどの場合には高い査定が付くといった場合もあるようです。ほかにも、年式が新しい方が高値が付きます。一方でこういった見積金額はマイカーが万全な状態の場合であり、パーフェクトではない時はマイナスに査定されます。その中でも修理歴などは買取価格にとても響きます。

修理歴といっても定義があいまいですが、とりあえず車両の基礎となるフレームにまでダメになるようなアクシデントを起こしたお車はこれに当てはまります。こうした修復歴のある車は将来的に何らかのマイナスの影響が出る危険が有るため、買取り価格においては駄目なものとされてしまいます。一方で、フレームにまで影響が及ばず、外見を修繕したくらいだったらなりませんが、事故歴が付くことになります。

もちろん修理歴は付くわけなのでデメリットの影響が有るものですが、事故車に比べ低い見積となることはありません。あと、エンジンや変速機などに面倒が発生している場合もマイナスに見られますし、いつもの整備の良し悪しが買取の値段に関係してきます。

そのへんは傍目には分からない部分ですが、査定を行っている買い取り専門店の方ではきっちりとその部分も確認してきます。

どちらのケースでも修理歴が無いことがくるま買取プライスが上げることができるかどうかの最低条件となります。