これが中古車買取とリサイクル料のこと

自分の車のを売る際の手段には買取、そして下取というのが有ります。下取りのケースは新しい自分のクルマのをゲットする代わりに古い自動車を買取して頂くというものです。主には新車販売店が買い取りをおこなうため価格のほうは割と低目になるケースが多いです。

他方、買い取りのケースはユースドカー買い取り専門店がやっているもので、中古車として店頭に出すことを予定に引き取り額を決定するため、どっちかといえば高めの引き取りが望めるでしょう。何れにしろ愛車を売却することであり、売却する前に引受プライスを決めるための査定が行われることとなります。

鑑定を依頼するさいに気になるのはリサイクル料となります。車鑑定で出してもらう額というのはその車そのものの価格、自動車に付いてくる自賠責保険とかリサイクル料などをいれた価格の2つの種類がございます。「リサイクル料」は愛車を手に入れた時、又は「リサイクル料」が未払いの場合ですと車検の時支払われるもので、先々所有車を廃車として解体する場合に必要になるシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類などをリサイクルする時のコストとして使われます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、壊してしまう時にJARSから支払われるということとなります。

費用は大体、軽自動車だと8千円程、国産車だと10000円程、外国の車等であれば15000円くらい、それ以外で20000円ほどを入金する必要が有ります。大概の中古車引き受けの場合、こういったリサイクルの代金をくるまの引き取りプライスとは別で買取られるというようなことになるワケですが、リサイクル料金を含めて評定値段としているケースもあり、引き取りを頼む時確認しておくということが大事な事となります。