これが中古車買取とリサイクル料について調べてみた

愛車を売却するさいの手順としては買い取りと下取りの2つが御座います。下取の場合というのはおニューのクルマを入手する時、これまでの自分のクルマのを買取して頂くというものです。大概新車ディーラーが引受をすることになるため価格としてはわりと低価格になるケースが多いです。

一方、買い取りのケースは愛車買い取り専業店がやっており、ユースドカーという名目で売却することを前提として引受け額を決定するので、やや高額な買い取りが期待できるでしょう。いずれにしろマイカーを売却する事であり、売却をする前に引受け価格を決めるための値踏みが行われることとなります。

審査をおこなうケースで気に掛かるのが「リサイクル料」です。クルマ査定で出される価格としては所有車そのものの額、クルマに附随するリサイクル料や自賠責保険などを入れたプライスの2つの種類がございます。「リサイクル料」は愛車を手に入れたさい、又はリサイクル料が未納のケースでは車検を受けた時に支払いとなるもので、将来、所有車を廃車にして処分する時に必要なエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等々リサイクルするさいの料金となって使用されます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預け入れることになり、壊してしまう時に自動車リサイクルシステムから払われるということとなります。

コストは大体、軽だと8千円くらい、国産車であれば10000円位、輸入車等だと1万5千円程、それ以外で2万円位を入金する必要がございます。大半の自家用車買取りだと、こういったリサイクル料をくるまの引受け額とは他として引き受けされるというようなことになる訳ですが、リサイクル料金を含んで引き受け値段としてる場合もあり、引き取りを希望する時にはチェックしておくことが大切なこととなります。